fc2ブログ
プロフィール

indigo02

Author:indigo02
生存確認

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

4649

01 11, 2010 | 未分類

0 Comments
今日は補習所の班での飲み会であった。

うちの班は比較的穏やかな感じの人が多く(皮被っているだけって可能性は十分にあるが・・・)、付き合いやすい人が多いように感じた。こういうところは俺って恵まれているなあと思う。

特徴としては完全に二極化していて、年齢が比較的行っている人(27~32,3)は大抵が前職があり、若い人は大抵が大学生だった(中には明後日成人式を迎える人も居たが・・・)。

女性は、カツマー的なキャリア志向の強そうなタイプというよりは、良いとこのお嬢さんといった人が多い気がする。


ちょっと話は変わるのだが、ディスカッションという科目があった。特定のテーマが事前に与えられて、それについてグループで討議し、一つの結論を発表するというやつだ。

これをやってみて、思ったのは前の会社の人たちのプレゼンテーション能力の高さだ。

グループ討議では、さすがにそれなりの試験を勝ち抜いてきただけあって、様々な観点からの検討が加えられ意見が
バシバシ出てくる。

しかし、いざ発表の段階になってみると、話が長かったり、そもそも声が聞こえ辛かったりで、もうちょっと何とかしたほうがいいんじゃね、と思ってしまった。自分も大したことないですけど・・・。

まあ、プレゼンの機会自体が多い会社ではあったから、慣れも多いと思うけどね。

とりあえず、皆様宜しくお願いします。
スポンサーサイト



『イーグル・アイ』

11 04, 2008 | 未分類

0 Comments
@丸の内ピカデリー

普通にオヌヌメ。今年見た映画の中ではダントツの出来。邦画も微妙だし、『レッドクリフ』にも食指が動かないという人は間違いなくこの選択だと言える。

以下、途中までの粗筋。

コピー店でアルバイトをしながら生計を立てる若い男性と、シングルマザーの女性の2人の主人公が謎の女性から携帯電話へ連絡を受ける。

携帯の女性は、まるで未来を知っているかのように、これから起きる事を言い、それに対処するように指示する。初めは胡散臭く思っていた主人公達だが、携帯の女性は電話、クレーン車、信号機、電線、電光掲示板、テレビ、監視カメラ・・・とあらゆる機械を動かしていった。

これを目の当たりにした主人公二人は恐怖し始め、彼女の指示通りに行動せざるを得なくなる。

しかし、携帯の女性に指示されていたのは二人だけではなくアメリカ全土に居た・・・。そして彼らはある一つの計画の遂行のために動かされているのであった。

一方、テロが世界各地で発生している背景から、FBIや空軍の一部は主人公達をテロリストだと疑っていた。しかし突如、彼らを追っていた空軍幹部の女性は国防総省の地下室へ案内される。

そこでは、「イーグル・アイ」と呼ばれる対テロ用の超巨大な監視システムが試験的に運用されていた。そして彼女はこの事件の真相を掴み始める・・・。

というお話。

こういった国家的な監視の危険性を世に問うた映画では『エネミー・オブ・アメリカ』がある。そして、ネットワークを利用したテロリズムの恐怖を描いた作品には『ダイハード4.0』があった。

しかし、これはネタ的には『ターミネーター3』に近い。つまり、ネタバレなのだけれど、犯人はこのシステムだ。しかし、『ターミネーター』の「スカイネット」はソフトウェアだが、今回はハードウェアとして形を伴っているという点で異なる。まあ、ぶっ壊せるということだ。

過去に似たような作品があるということで、ネタ的には斬新さを感じなかったのはちょっと残念だった。スピルバーグが暖めてきたアイディアの斬新さというのはあまり感じられなかった。

しかし、アクションは本当に面白い。Ariaと呼ばれるコンピュータ(つまり、携帯の女性の正体)が、ここぞというときに主人公達を機械を使って導いていくのがなんとも言えず面白い。

あらかじめ障害を取り除いてくれればいいものを、ギリギリになんないとやってくれないというアブナさ。「あと4秒で逃げろ」って言われて、クレーンがビルに突っ込んでくるシーンとか、計算しているわりには大雑把じゃね?とか思うが、それがまた面白さを引き立てている。

また、相手が機械なので人間の都合なんか知ったこっちゃない。さっさと指示通りにやれってな感じで物語が進んでいくので、ストーリーが弛緩せずにテンポよく進む。

アメリカの今を反映してか、多分に政治色の強い映画だけれども、楽しんで見られる。秀作。間違いないです。

キスミントのCM

03 26, 2008 | 未分類

0 Comments
だから何ってな感じのエントリ。

最近、WateringKissmintのCMが好きだ。
(そう言えば、ブンブンサテライツの「KickItOut」を流したのもこの商品。)

YUIのBGMも良いし、開放感のある風景も良いけど、モデルが良いと思う(伽奈という人)。

この初期川本真琴を思い出させるようなさっぱりとした感じが良いです。

最近の好みの女性のタイプでは、田中麗奈、香里奈と「奈」が付く人が個人的にキテルぜ!


現実逃避でした。

『FIVE STAR』 YUKI

12 02, 2007 | 未分類

0 Comments
Single Collection”five-star” Single Collection”five-star”
YUKI (2007/10/03)
エピックレコードジャパン

この商品の詳細を見る



YUKIのシングルコレクション。

やっぱり際立って良いのは「JOY」。この起伏は少ないのだけれど徐々に上がっている感じがカッコいいと思う。

アルバム後半は元CANNABISの蔦谷が作曲したものがほとんどなのだけれど、このクラムボンの『ドラマチック』を思わせるダイナミックな展開はやっぱり亀田誠治の影響が出ているのかなと感じさせる。

全体的に映画やアニメやCMとのタイアップ曲が多く、何かしら耳にしているので聴きやすいし、完成度も高い。

買って損なしフランチェックベニスタ。

家の中にある妙なもの

12 02, 2007 | 未分類

4 Comments
こう、家で勉強の合間に紅茶だの何だの淹れて飲むわけなんだけど、飲んでる最中に視線を感じる。

それもかなり強い視線。


BD01



!!!


BD02


ブラック・ダグラス氏。
(ちなみに英国の地ビールメーカー。)おそらく姉がイギリスで購入したものだろう。

ぶっちゃけ、勉強やりにくい。


続いて、歯磨き。

hamigaki01


なんというかエヴァンゲリオンっぽい感じ。そんなにエヴァンゲリオン知らないけど。

hamigaki02


「口の中に使徒侵入!」みたいな。

そういえば、中学校の頃隣に座っていた友人がエヴァンゲリオンが好きで(というか完全なるアニメオタク)、『俺の考える最強使徒』みたいな中二病全開なことをノートに書き綴っていた。

それをチラッと見たら、4番目が何故か「ペタジーニ」で、結構笑ったことを思い出す。

彼は今何をしているんだろうか。

Next Page »