fc2ブログ
プロフィール

indigo02

Author:indigo02
生存確認

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

脳内メーカー

06 28, 2007 | 雑感

2 Comments
へんな時間に目が覚めてしまった。

ということで、3日連続の更新。

新しい名前判定の『脳内メーカー』をやってみる。


------------------------------------------------------------
まず本名から。


脳内メーカー(本名)

・・・このあらかた不明で、中にちょっとだけ「悩」とか「悲」とかネガティブワードが見え隠れしているのが何とも言えずリアル。

------------------------------------------------------------
次、一応もっともポピュラーなあだ名。


脳内メーカー(あだ名)


はいサーセン。

------------------------------------------------------------
indigo。つまりは、ハンドルネーム。


脳内メーカー(indigo)


完全にヤク中。

------------------------------------------------------------
最後。Indigo。つまりは、最初大文字。


脳内メーカー(Indigo)


完全に拝金主義者。

------------------------------------------------------------

えー、散々です。

寝ます。
スポンサーサイト



ちょいと小話

06 26, 2007 | 経済

0 Comments
遠い昔の遠い国のお話。

とある町でユダヤ人の親子が商売を営んでいました。

しかし、その息子は他の子供達から「ユダヤ人!ユダヤ人!」と毎日からかわれていました。

息子は毎日毎日からかわれるのがたまらなく嫌でした。

それを見かねた父親が子供達を叱りつけたりもしましたが、子供達はからかうのを止めません。

そこで、父親は別の方法を考えました。


次の日、子供達はまたからかいにやって来ました。

「ユダヤ人!ユダヤ人!」

そこへ父親がやってきて、子供達に金貨10枚を上げました。

「ユダヤ人とからかう度に、金貨をあげよう」と父親は言いました。

子供達は当然喜びました。


次の日、子供達はやっぱりやってきて、息子をからかいました。

父親は金貨9枚をあげました。


次の日も子供達はやってきました。

父親は金貨8枚をあげました。

日を追うごとに金貨の枚数が一枚ずつ減っていきますが、それでも子供達は金貨をもらえるのでからかうのを止めたりはしませんでした。


そして、ある日父親は「もう金貨はあげないよ」と言いました。

そうしたら、子供達は「じゃあ、もう来ないよ」とふてくされたように言いました。

そして、その日から息子はからかわれなくなりました。


おわり

(聞いた話なので、出典不明。細部も適当です。)
------------------------------------------------------

この小話はつまり「何でもカネで解決するユダヤ人の凄さ」・・・
ということではもちろんなく、子供達の「からかう」という目的を「金貨をもらう」ということへ変えていってしまうお金の魔力ということを伝えたかったのだとか。

経営学の分野で使われる小話だそうだけど、経営学の何を教える際に使うのだろうか・・・?

「目先の利益にとらわれて当初の経営理念を忘れるな」ということかな?でも、あまり良いたとえ話じゃないような。

まあ、メモ書きです。

ライアーゲーム@3回裏

06 26, 2007 | 雑感

0 Comments
予想以上にヨコヤさんがしょっぱかったのが残念でなりませんが、最後の最後まで人を欺き続けたツチダと、最後の最後まで不幸な人間を出すまいと尽力した直ちゃんの好対照が印象的で良かったのではないでしょうか?

あと、試合に負けて(引き分けか)勝負に勝った秋山もカッコよかったですよ。(個人的に松田兄弟が好きだってのもあるけど。ちなみに兄貴派。)

ただ、黒幕の北大路欣也@元頭取が改心してしまうのはどうかなと。
最後の最後まで「人間は信用ならない醜い生き物だ」という自らの人生を掛けた哲学を抱きながら悶え死んで欲しかったです>頭取

というか、金持ち&権力者&極度の人間不信&親子間の軋轢って、ほとんどキャラ一緒ですね>頭取

※ ライアーゲームは協力ゲームですがな、という指摘。

徒然ブートキャンパー

06 25, 2007 | 雑感

2 Comments
■ビリー☆

何故か姉がビリーズブートキャンプのDVDを持っていたので、試しに入隊してみた。ま、軽くね。

多少運動しているし、ビリーズバンド(手に付けて負荷をかけるゴムバンド)なしだし、大丈夫だろと思った。


が、予想以上にやばかった。

特に腹筋の連続コースがやばくて、途中でダウン。

「隊長もうワンセットなんて無理なんすけど」と呻いている極東のオッサンのペースなんて完全に無視して、ビリー爆走。

しかもビリーは周りの女性にちょっかいを出してて指導をしてて、あんまやってないし・・・。

終盤は半ばヤケクソになりながら、1日目終了。

アメリカ的マッチョイズム全快の作り笑いで夜中の12時に「ヴィクトリー!」と騒ぐ馬鹿を見る家族の白々しい視線が、明後日来日予定の筋肉痛のように痛い。


で、今、体が重い。


■『Golden green』UA

上半期ベスト。

柔らかいホーンセクションが出色のポップアルバム。
雨の日が少ないけれども、雨の日に聞きたくなる感じのしっとり感が最高です。

・・・今年は前半から、クラクソンズ、デジタリズムというNuRave勢をちょい聞きしてきたけど、どうもこうも・・・。

ヨーロッパのダンスミュージックってこんな雑な音楽だったっけ?
どいつもこいつもプライマルスクリームの変形にしか聞こえない。

もう、今年はこのアルバムとスペシャルアザーズだけでいいや。

ゼイ

06 13, 2007 | 雑感

0 Comments
最近、竹内まりやを雑誌などでよく見かけるんですけど、中川翔子にちょっと似ている気がする。

いや、それにしても綺麗、というより可愛い。50代で「可愛い」って有り得ないんですけど、可愛いと感じるから仕方ない。
ということで、今更『impressions』を引っ張りだして聞いてます。見覚えのあ~る~、レインコ~ト~♪

本題。

今日、市から封筒が送られてきたわけです。
市町村から送られてくる封筒なんてのは9割方よからぬことな分けです。

で、見たら「市民税払え」だと。

そして、問題の市民税の額が跳ね上がってる。
もう、凄い上がり方ですよ。
パリーグからメジャーに移籍したのかって感じです。

最近ラスボスを倒した元同期やら、孤独に歩んでいる像 in the 林のブログを見てたら、「市民税上がる」みたいな話が上がってて、へーそうなんだ、でも俺のところに話来てないやみたいなノンキな馬鹿が居たんですよ。
ていうか、馬鹿な俺が居たわけです。

まあ、周回遅れの「改革の痛み」ってやつだろうと無理やり理解させるとしても、このタイミングで「ふるさと納税」?

じゃあ、今までの地方への税源移譲ってのは何だったの?

つーかいい加減、右左ごっちゃになった与野党を整理してください。

寝ます。