fc2ブログ
プロフィール

indigo02

Author:indigo02
生存確認

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

鷺沼

11 30, 2008 | 雑感

2 Comments
昨日は大学時代の部活の面々と集まって飲み会だった。

午後7時頃からスタートしたわけなんだけど、久しぶりの面子もあってなかなか盛り上がった。後輩の方が多かったが、あまり彼らは変わっていなかった。

2次会はカラオケ。

ひとしきり歌った後(俺の部屋はひたすらケツメイシばっかだった)、さあ、おひらきとなったはいいが、後輩がトイレから出てこない。

「○○がトイレから出てこない」

これで三度目。

そして今回は最悪であった。

とにかく出てこない。

先輩後輩が寄ってたかって説得交渉するも、一向に応じる気配がない。仕舞には店員が出てきて、説得を始める。「鍵を開けるだけだから」、「警察呼ぶぞ」、「救急車を呼んでくるぞ」等、硬軟使い分けた説得を展開し、やっと自らを解放。

しかし、出たはいいが今度はトイレの洗面所の前で寝る始末。トイレを使うほかの客の目線が痛い。

「帰ったら追いかける」「信用しろ」「帰ったら連絡する」などとどう考えても信用できない言葉を発せられた後、最後には帰れと怒鳴られて、結局寝てしまった。

その後、寝てしまった彼を店員含めて4人がかりで連れ出し、タクシーに乗り込む。

俺は後部座席で寝転がる彼の足の方に座っていたわけだが、ゲロの臭いがやばい。もう車中でもらいゲロしそう。しかも車の振動がそのやばさにさらに拍車をかける。後輩は「背中がいてえ」「○○さん、生産スケジュールがきついっす」などと抜かし、現実と夢の狭間を行き来している。

50分程で目的地である彼の自宅の鷺沼に到着。

極寒の中、見事に貰いゲロto排水溝。赤ワインのせいで、鮮やかな赤。

しかし、このリセットが効いて見事回復。いやー、鮮やかな回復だったなーと糞寒い知らない町で自画自賛。しかし、一緒に介抱にあたっていた他の面子とはぐれる。

仕様がないので駅方面に向かい、交番を目指す。が、空。仕事しろ。いや、してるからいねーのか。

携帯が繋がり仲間と再開。

後輩は大通りの風景を見たら自分の自宅の帰り道を思い出したらしく、そのままトコトコと帰ってしまったとのこと。

あとは不明。

「もうよくね?」という同期の言葉で自己都合のミッション・コンプリート。

そして今は鷺沼の漫画喫茶で折れた翼を癒しているわけです。

そろそろ、自宅に向かわなくては・・・。
スポンサーサイト



最近面白かった動画

11 15, 2008 | 動画

0 Comments
<hydeのものまねが異常に上手い外国人>



残念ながらhydeの優美な感じはあまり感じられませんが。

そして話題から遅れる事数ヶ月、IKZのリミックスがネットでは流行っていたとか・・・。

一番良いと思うのは↓



IKZ+MJのかけ合いの完成度の高さがヤバイ。


これも良いね↓



特にIKZ⇒TKのマイクリレーは鳥肌モノ。

続きを読む »

df

11 09, 2008 | 雑感

0 Comments
昨日は飲み会(DF)@中目黒。

ちなみに千葉土民の私は中目黒初上陸。ナカメグロ。お洒落な響き。

面子は幹事を筆頭に、A、K、S、そして俺というレアな組み合わせ。

が、すきっ腹で酒を注ぎ込んだせいか、早い段階から酔っ払っていて、結構盛り上がった。この前会ったばかりなんだけど、5時間弱喋っていた気がする。

俺は「結婚式の写真を集めている」とかほざいていたが、はっきり言ってその前にやる事あるだろう。

お酒はサングリアを良く飲んだ。

飲んでいる最中は、サングリアって自分が良く飲む野菜ジュースのメーカーだな、野菜ジュースのメーカーがお酒を造るのかなとか訳の分からんことを考えていたら、サンガリアの間違いだった。

サングリアはこれ。

あと、26歳にして初めてフォアグラを食べた。

ガチョウをむりくり食わせて太らせた、その死亡感、じゃなくて脂肪肝である。

罪深いお味で美味しかった。エリンギ?も美味しかった。試験に受かったら、フォアグラを罪深い大きさで食べようと思う。

そういえば、俺は三大珍味ってこれ以外にも食べたことないような気がする。キャビアとかは、何かクラッカーの上に乗っているのを食べたような気もしなくも無い。トリュフは・・・。何か、ある、気が、する。いや、無いかも。

まあ、そんな感じでした。乙。


P.S.・・・西武勝ったなあ・・・。水道橋の人間としては巨人を応援してなくもなかったんだけど、まあ、残念でした。

『イーグル・アイ』

11 04, 2008 | 未分類

0 Comments
@丸の内ピカデリー

普通にオヌヌメ。今年見た映画の中ではダントツの出来。邦画も微妙だし、『レッドクリフ』にも食指が動かないという人は間違いなくこの選択だと言える。

以下、途中までの粗筋。

コピー店でアルバイトをしながら生計を立てる若い男性と、シングルマザーの女性の2人の主人公が謎の女性から携帯電話へ連絡を受ける。

携帯の女性は、まるで未来を知っているかのように、これから起きる事を言い、それに対処するように指示する。初めは胡散臭く思っていた主人公達だが、携帯の女性は電話、クレーン車、信号機、電線、電光掲示板、テレビ、監視カメラ・・・とあらゆる機械を動かしていった。

これを目の当たりにした主人公二人は恐怖し始め、彼女の指示通りに行動せざるを得なくなる。

しかし、携帯の女性に指示されていたのは二人だけではなくアメリカ全土に居た・・・。そして彼らはある一つの計画の遂行のために動かされているのであった。

一方、テロが世界各地で発生している背景から、FBIや空軍の一部は主人公達をテロリストだと疑っていた。しかし突如、彼らを追っていた空軍幹部の女性は国防総省の地下室へ案内される。

そこでは、「イーグル・アイ」と呼ばれる対テロ用の超巨大な監視システムが試験的に運用されていた。そして彼女はこの事件の真相を掴み始める・・・。

というお話。

こういった国家的な監視の危険性を世に問うた映画では『エネミー・オブ・アメリカ』がある。そして、ネットワークを利用したテロリズムの恐怖を描いた作品には『ダイハード4.0』があった。

しかし、これはネタ的には『ターミネーター3』に近い。つまり、ネタバレなのだけれど、犯人はこのシステムだ。しかし、『ターミネーター』の「スカイネット」はソフトウェアだが、今回はハードウェアとして形を伴っているという点で異なる。まあ、ぶっ壊せるということだ。

過去に似たような作品があるということで、ネタ的には斬新さを感じなかったのはちょっと残念だった。スピルバーグが暖めてきたアイディアの斬新さというのはあまり感じられなかった。

しかし、アクションは本当に面白い。Ariaと呼ばれるコンピュータ(つまり、携帯の女性の正体)が、ここぞというときに主人公達を機械を使って導いていくのがなんとも言えず面白い。

あらかじめ障害を取り除いてくれればいいものを、ギリギリになんないとやってくれないというアブナさ。「あと4秒で逃げろ」って言われて、クレーンがビルに突っ込んでくるシーンとか、計算しているわりには大雑把じゃね?とか思うが、それがまた面白さを引き立てている。

また、相手が機械なので人間の都合なんか知ったこっちゃない。さっさと指示通りにやれってな感じで物語が進んでいくので、ストーリーが弛緩せずにテンポよく進む。

アメリカの今を反映してか、多分に政治色の強い映画だけれども、楽しんで見られる。秀作。間違いないです。

9.5クラス飲み会

11 02, 2008 | 雑感

0 Comments
大学同期(通称クラ友)の飲み会。

東京近辺にメンバー全員が居るわけではないため不定期開催だが、何だかんだ言って一年に一回は開催できている事を考えると、幹事は相当の努力をしていると感じる。

そして内容は「焼肉」@池袋。

高校時代のホームタウン・池袋に久々にやってきたが、相変わらず雑然としている。ギャルも多いぜ。キャバ嬢っぽいねーちゃんも多いぜ。

7時から、焼肉。

おそらく2年ぶりぐらいの焼肉。

久々の焼肉は大変おいしゅうございました。肉といっても松屋とか吉野家とかのお肉とは違うんだなあとしみじみ思いながら食べました。

久々に会ったメンバーの1人は、勤めていた会社がサブプライミングしそうだったので(そして、実際にこの夏にサブプライミングしちゃった)いち早く脱出して比較的堅めの日系のメーカーに転勤していた。他の2人はやいのやいの言われながら頑張って仕事をしているようだった。

何か星野監督どーよ的な時事問題でオッサン臭く盛り上がったのだが、意外に深い話ができるのがこのメンバーの良いところだと思う。

その後、バーで2次会。11時ごろ解散。

久々の池袋駅。

飛び乗った列車は反対方向。

気付けば和光市。

俺は池袋から完全に巣立ったのだと実感した瞬間だった。


嘘です。酔っ払っていただけでした。