fc2ブログ
プロフィール

indigo02

Author:indigo02
生存確認

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

グーグルがああああああああああああああああ

01 31, 2009 | 雑感

0 Comments
おかしい。

「このサイトはコンピュータに損害を与える可能性があります。」という表示があらゆる検索結果にぶち込まれて、全くリンク先に飛べない。

これはやはりグーグル先生がとうとうスカイネットになったということだろうか?

そして「indigoももうそろそろ寝たら?」などという余計なおせっかいを焼いているのかも知れない。

ということで寝ます。
スポンサーサイト



最近の成海璃子について

01 30, 2009 | 雑感

0 Comments
好きな女優、アイドルは?と聞かれれば、(とりあえず)エビちゃんと答えていたのだけれど、最近ははっきり言って居ない。

これは最近の女優がどーのという問題ではなくて、単純に俺自身が興味が薄れているだけって話だ。

しかし、電車に乗って揺られているたら某キャリアの広告が一面に張られていて、そこには成海璃子がニコニコしながら携帯を弄っていた。

何か、太った?と思いながら、画像を漁っていたら↓


成海璃子



わお。


例の掃溜めじゃ、イベ璃子だの、ドンタコスだのうまい事酷い事を言われているようだ。だが、個人的には昔のソリッドステイトサヴァイヴァーな感じが薄れて神秘的な感じはなくなってしまったのは残念だけど、今の丸々した感じもいいじゃないか、と思っている。

少なくともナントカ明菜みたいな、どう考えても不健康な感じよりはよっぽどいいと思うのだ。

だから、某キャリアは堀北一本槍で行こうなんてなんて甘っちょろい考えは辞めて是非是非このふくよかな成海璃子2.0をプッシュして欲しいと思う。

左右

01 22, 2009 | 雑感

0 Comments
相変わらず書きまくっている生活を送っている。

で、今日も今日とてテスト(答案練習会、略して答練と言うのだけれど)だったのだけれど、ガリガリ書いていたら、ふと違和感を感じた。

字を左から右へ書く事の違和感だ。

例えば、「一」という感じは左から右へ線を引っ張って書く。

当たり前だ。当たり前すぐる。

何を当たり前のことを書いているんだとお思いでしょうが、この当たり前のことが「あれ、変じゃね?右から左へ書いたほうが気持ちいい気がする」などという意味不明な違和感を感じながら2時間書いていました。

そういえば、俺は子供の頃から鏡文字を書く癖があったそうな。。。

疲れているのかしら。

今日は早く寝ます。

ワークシェアリング

01 17, 2009 | 仕事

2 Comments
最近の不況については個人的にも結構不安だったりする。朝見る新聞もほとんどがその手のニュースばっかりで、帰宅してからテレビを付ければ趣味の悪いネクタイをした眼鏡のオッサンが鎮痛フェイスで雇用不安と政治不信と中身の無いコメントを連発していて気が滅入る。

まあ、今仕事が無いばかりか住む所さえない人は俺より遥かに気が滅入っているのだろうけど。

そんな感じで新聞なんかを見ていると、最近良く目にするのが「ワークシェアリング」という言葉だ。

電車の中でぼんやりと自分が前居た職場の仕事をシェアするとどうなるのかな、とか考えたりした。

前は法人営業をやっていたのだけれど、大体2通りに分けられる。お客を分ける方法と、仕事の中身を分ける方法だ。

お客を分ける方法だと、10社担当しているところを5社ずつに分けるわけだ。ちなみに俺は以前の職場では午前9時から午後10時ぐらいまで働いていたから、お昼を抜けば大体12時間ぐらい働いて、年収は400万位だった。

つまり、ワークシェアすれば9時から午後3時ぐらいまで働いて年収200万ということになる。

これは、納得できるかって言うと、まあ、納得できないね。

まず年収だよね。そりゃ失業者が1人減るわけだから世の中的には良いのかも知れないけど、200万ですよ・・・。こっから税金とか社会保障費とか抜かれたら、もう・・・。

次に、時間。お客が半分に減ったから勤務時間も半分にって、んなわきゃない。

コンプラ無視して考えてしまうと、収益が減っているのだから、そんな早い時間に帰らないで色々営業して売ってこいって言うわな。そりゃ言うよ。

そうすると3時には、まあ、帰れないですよ。

そう考えるとワークをシェアしたというより、単純に給料を半分にしたってだけだろうね。

じゃあ、次は内容で分ける方法。

「俺は外回りしてくるから、お前は提案書と決裁の説明を部長にしておいてくれ!」といったような。

で、帰ってきて

社員「・・・ちょっとクオリティ低くね?もうちょい分かりやすくやれない?」
新人「クオリティって何だよ。具体的に言ってくれよ。」
社員「いや、訴求したいとことかを強調するとかさ・・・。」
新人「そんなのトークでカバーできるっしょ。」
社員「全部が全部トークでカバーできるわけじゃねーんだよ!というか、お前提案書作ったこととかないのか?」
新人「提案書、提案書って何だよ。本質的じゃねーよこんなもん。値段と内容が大体分かればいいんだよ。」
社員「大体って何だよ。間違ってたら頭下げるの俺なんですけど。」
新人「頭下げんのがお前の仕事だろーが。」
社員「お前のせいで何で俺が下げなくてもいい頭を下げなきゃいけなんだよ。」
新人「まあ、そんな安い頭下げられてもお客も困るしなw」
社員「お前、ちょっと来い。」

隣の先輩「まあ落ち着けって・・・。」

社員「もういい。ところで、部長への決裁説明はちゃんとやったのか?」
新人「え、一応説明したけど、何か部長に突っ込まれて俺も答えられないから、○○(社員)が帰社したら説明に上がりますって言ったままだけど。」
社員「部長いないじゃん。部長は?スケジュールはどうなってんの?」
新人「え~・・・神楽坂、○○工業常務▲▲様・・・。」
社員「接待じゃん。しかもどう考えても重要っぽい。つーか、部長、今日帰ってこないんですけど。」
新人「知るかよそんなの。部長の勝手でしょ。」
社員「だったら俺に電話かけて俺に聞くなり、部長に取り次ぐなりすりゃいいじゃねーかよ。」
新人「電話掛けたけど出ないのはそっちなんですけど。着信見てお前が俺に電話すりゃ良かったじゃねーか。」
社員「てめ、1回ぽっきりで、しかも留守電も残さずにメールもよこさないで何言ってんだ!こっちは移動移動で忙しいんだ!」
新人「忙しいのはお互い様だろ。理由になってねーよ。」
社員「だったらお前のも理由になってねーだろーが!」
新人「もー、明日でいいじゃねーかよ。明日お前が朝一で部長に直接説明しろよ。」
社員「じゃあ、お前の仕事してねーから給料俺によこせ。」
新人「はあ?お前が決める事じゃないし。人事でも無いのに人事ぶるな馬鹿。」
社員「じゃあ、お前が外回り行くか?出来ねーだろ!」
新人「余裕だね、そんなの。むしろお前より稼いで来てやるよ。つーか、提案書作るのも決裁通すのも俺がやるから仕事やめれば?」
社員「てめえ、表出ろ!!!」

なんていう、ほとんど子供の喧嘩のようなことがオフィスのいたるところで勃発するなんてことがあるのかも知れない。

こう考えてみると、上手い具合にワークシェアリングできる仕事って随分と少なくなっているのかなという気がする。

上手い具合に分けられる仕事ほど、機械化が進んでいたり海外に移転していたりする。何か、そういうことを分かっていないで、旧来のルーチンワークを想定しながらワークシェアリングを叫んでいるように思えてならない。

というか、長いな。