fc2ブログ
プロフィール

indigo02

Author:indigo02
生存確認

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

日本でファンタジー映画を創るとしたら

07 09, 2007 | 映画

2 Comments
今年は『トランスフォーマー』の前に、映画『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』が公開される。

そして、英国では原作の最後を締めくくる『ハリー・ポッターと死の秘法』が出版される。

この世界的なベストセラーのことを考えているうちに、ふと昔のことを思い出した。

ハリーポッターのようなファンタジー小説は所謂児童文学に入るのだけれど、個人的にはほとんど読まなかった気がする。

というか、小学生の頃は学校の図書館が嫌いで嫌いで仕方がなかった。

まあ、嫌うには理由がある。

小学校2年のとき、校長だかPTAだか知らないけれども「本を読ませる」施策をとった。いや、そうではなくて、2年生ぐらいになると本を読ませるようなカリキュラムだったのかも知れない。ここら辺は曖昧。

当然、管理下の小学生はなんでもいいから学校の図書館から本を借りてきて、読んだり読まなかったりする。

ちなみに、本を借りる際は『図書カード』という、自分がどれだけ借りたかという記録を残すためのカードがなければ借りられない。
で、個人の図書カードを見れば、その子供がどんな本をどれだけ読んでいるかが分かるというわけだ。

個人的に本は嫌いではなかったので、借りるのには抵抗はなかった。

そのころ個人的に借りていたのが、主に推理小説。アガサ・クリスティだの何だの。
もちろん小学2年生で推理小説の入り組んだ犯行トリックなど理解できるはずもなく、ただ文字を追っていくだけで精一杯。それでも、何だか「大人な雰囲気」を感じたかったのでこの時期はひたすら推理小説を書いていた気がする。

そこで、俺の図書カードを見た担任がストップをかける。

まあ、当然のことながら推理小説のほとんどは人殺しの犯行トリックを
見破り解決していくというのが基本的な形だ。

傍から見れば小学生がひたすら「いかにばれずに人を殺すか?」という本を読んでいるのである。

そりゃ担任でなくても心配するよね。

本当に余計なお世話だったけど。

それで推理小説以外でないと貸し出しを受け付けない(担任の印をもらわないと本を借りられないというシステム)ということになった。

で、何借りればいいのだろうと悩んでいたところ、クラスの同級生が『ファーブル昆虫記』をひたすら借りていて、担任の決裁がガンガン下りるのを見て、「なるほどね、虫系ね、ようは勉強させたいんでしょ」と思い、動物系の本を借りることにした。
(この同じ虫系で被せないという小ざかしさ。大人の顔色を伺うような子供でした。)

そこで嬉々として担任のところへ行くと、「えー、お前コレ読むのかよ、もっと子供らしいの読めよ」的な渋い顔をなさる。

なんとかハンコはもらったものの、この一件があってから図書館には絶対に行くまいと思った。何が「本は心の栄養です」だバカヤロってな具合。

今になって思うと、このときに担任に喜ばれるような「子供らしい」本っていうのは何だったんだろうと思う。

おそらく説教臭い道徳の授業まがいの物語や、今後の理科や社会科への学習の前段階となるようなものが好ましいのだろう。
ちなみに、今の小学生は具体的にはどういったものを好んで読んでいるのだろうと思い、ちょっとリサーチ。

教えてgoo

なるほどね、今はファンタジーか。あと、高学年になると星新一。
…思ったよりも健全だな(面白くないなー)。

そこで子供に人気だと書いてある講談社の「青い鳥文庫」のサイトに飛ぶ。


目に入ったのが、『若おかみは小学生!』


間違えていわゆるあっち系のサイトに入ったのかと思ったが違う。ロリータのぉにぃちゃんが小学生を若おかみにしたてあげて萌えているわけではないらしい。

大真面目に、小学生が若おかみをやるという。

突っ込みどころ満載のこのタイトル。(とりあえず、若すぎる。児童労働。)

やはり昼ドラよろしく、若おかみと大女将が対立して宿の経営方針について対立したりするのだろうか?しかも古参の従業員が徒党を組んで、若おかみをいじめ抜く。そこへ若おかみの夫兼大女将の息子が出てきて、「お母さんちょっとは○○(若おかみ)のことも考えてあげて」とか、ぬるいことを言いつつ仲裁に入り、そこへ若おかみの幼馴染であり元商社マンのどっかの御曹司がコーネル大学のホテル経営学部の修士号を取得し、意気揚々と帰国したついでに若おかみに接近して・・・というようなありがちな話だろうか?

しかもこの本、シリーズで80万部を売り上げているというオバケ本。児童書ってそんなに売れるのか。

この本の影響で、小学生女子のなりたい職業に「若女将」が入ってきたら、面白い。観光立国。


話がそれた。大幅にそれた。若おかみはもういい。

で、俺は小学校5年になって図書館に再び舞い戻る。

それが、今読んでいるファンタジー小説がきっかけなんだけど、眠いので寝ます。
スポンサーサイト



« 日本でファンタジー映画を創るとしたら 後編 じっと見てみる »

2 Comments

すげーあからさまなことすんだね>担任
子ども心に激萎えだわ('A`)

大人ウケを狙って赤毛のアンを読んで
時間返せってキレてた小学校時代が懐かしいです。
あの頃から『本はジャケ借り』が間違いなかった気がします。

by mig | 07 09, 2007 - URL [ edit ]

>ぎちょ

まあ、今考えれば小学校の先生なんて
そんなもんかな~とも思います。

ただ、小学校の頃にあった嫌な思い出ベスト3には
入る出来事なので何時までも忘れないね。

by indigo | 07 10, 2007 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
1 Trackbacks

児童書は4冊目へ・紀子さまが選ばれた絵本・出発進行!短縮言葉ゲーム・お勧めの児童書・通信翻訳講座 児童書翻訳・ 新刊・絵本や児童書・しょこたんが妖精に変身♪児童書「レインボーマジック」をPR・憂悶読書期~洋の書編~・ 英語も日本語も一緒だった・ いざ読

URL | 07 24, 2007


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)